ホーム > よくある質問

よくある質問

何歳から、矯正治療をした方がよいですか?

当院では、永久歯の前歯と6歳臼歯が生えた時点で、治療の要不要を判断しています。
それまでは永久歯の萌出に影響が出ないように、むし歯予防や治療に重点をおきます。

ページの上へ戻る

何歳まで矯正治療できますか?

矯正治療に年齢は関係ありません。
中高年の方でも、歯と歯ぐきの状態に問題がなければ治療できます。

ページの上へ戻る

治療期間はだいたいどれくらいですか?

目安としては、2年~3年程度です。ただし、患者さんの歯並びや、口内環境、年齢によって異なります。また、矯正治療後は、後戻りしないようにリテーナーという装置で保定する期間が必要です。

ページの上へ戻る

保険は効かないのですか?

一部を除き、保険は適用されません。
顎骨の手術を伴う場合の治療や口蓋裂など厚生労働大臣の定める疾患に起因した咬合異常などは、保険適応となります。 当院は 更生・育成医療指定機関の指定を受けており、これらの保険診療にも対応しております。

ページの上へ戻る

歯並びを治すために、抜歯をしないとダメですか?

歯を抜く・抜かないは、不正咬合の状態により様々です。抜いた方がいい場合、抜かなくてもよい場合それぞれあります。もし歯を抜く必要がある場合は、事前にしっかりとご相談をさせて頂き、ご納得頂いた上で治療を行なっていきます。

ページの上へ戻る

料金はだいたいどのくらいですか?

不正咬合の程度や治療期間・装置の種類により異なりますが、成人の方でおおよそ50万円程です。クレジット払い対応しています。分割払いはご相談下さい。

ページの上へ戻る

矯正治療は医療費控除が適応されますか?

美容目的でなく、歯列矯正が必要と認められる場合に関しては、医療費控除の対象となります。
尚、その際には、診療や交通費の領収書などが必要となる為、書類は大切に保管しましょう。
詳細はこちら↓
国税庁タックスアンサー(税金相談)から引用

ページの上へ戻る