ホーム > 矯正治療の種類

矯正治療の種類

矯正治療の装置

矯正治療の装置 幅広い選択肢の中から、 患者さんに最適な治療法を

現在、矯正治療には様々な治療法が存在します。治療期間を従来より短縮できるもの、人に気づかれずに治療を行える装置、幅広い症例に対応する矯正法などなど、長年の臨床研究により治療法が確立しているものから、そうでないものまで千差万別です。

そして、メリットだけの治療法、全ての症例に対応し、かつ患者さんのご希望にも添える治療法は存在しません。
ですから、それぞれの治療法の特徴を踏まえた上で、個々のケースに応じた治療法の選択が非常に大切になってくるのです。

良い矯正治療とは?
歯科医師の視点
  • 整った歯並び
  • 良い咬み合わせ
  • 美しい顔貌
  • 短い治療期間
  • 効果の持続(後戻りしない)
患者さんの視点
  • 整った歯並び / 美しい顔貌
  • 目立たない装置 / 手間のかからない装置
  • 痛みの少ない治療 / 歯を抜かない治療
  • 短い治療期間
  • 効果の持続(後戻りしない)
  • 低料金

歯科医師としての視点と患者さんの視点では、矯正治療のゴールや、治療法選びの判断基準が異なります。
これらの観点を加味した上で、下記にそれぞれの治療法についてご紹介いたします。

矯正治療の種類

幅広い症例に対応する、スタンダードなブラケット矯正

長年の臨床研究で確立された安心の治療法
幅広い症例に対応する、スタンダードなブラケット矯正 特徴

・歯の表側にワイヤーとブラケットを用いて歯を動かす
・幅広い症状に対応
・効果の確実性が高い
・他の治療法と比べ、低コスト
・ワイヤーやブラケットの素材により、目立ったり目立たなくなったりする

※尚、当院ではセラミックやプラスティックのブラケットを用いることで、金属の装置より目立たなくしています。
また、前歯部分(犬歯~犬歯)は、通常料金内でクリアブラケット(プラスティック)を使用しております。

上の歯は裏側から、下の歯は表側から矯正

上の歯は裏側から、下の歯は表側から矯正

目立たないセラミックの装置がついています

目立たないセラミックの装置がついています

人目が気にならない、裏側からの矯正

高度な技術を要する治療法
リンガルブラケット 特徴

・歯の裏側にワイヤーとブラケットを用いて歯を動かす
・ほとんど見えないため、人目が気にならない
・高度な技術を必要とする
・動きが悪そうな症例は適応できないなど、症例が限られる
・表側に比べ、装置が取れる・治療期間が長引くリスクが高まる
・表側のブラケット矯正に比べ、治療費が上がる

※当院では、東北大学病院で多数の症例経験を積んできた院長が直接治療にあたります。

全く装置が見えません

全く装置が見えません

歯の裏側に装置がついています

歯の裏側に装置がついています

取り外しのできる目立たないマウスピース型矯正

マウスピース型の新しい矯正治療
取り外しのできる目立たないマウスピース型矯正 特徴

・コンピュータによってシュミレーションされ、オーダーメイドで作製された専用のマウスピースを用いて歯を動かす
・2週間に1度マウスピースを交換して治療を行う
・ブラケット型と異なり、装置の取り外しができる
・透明なプラスチックタイプのため、目立たない
・手軽な症例などしか適応できず、適応症例が少ない
・装着状況により歯の動きが悪い場合がある

装着していても目立ちません

装着していても目立ちません

透明のマウスピースを装着しています

治療期間の短縮も可能なインプラント矯正

手術を伴う矯正治療
インプラント矯正写真 特徴

・外科矯正を行える歯科医院は少ない
・インプラントと呼ばれる人体に安全な人工歯根を手術により埋め込み、ワイヤーとブラケットにより歯を動かす
・通常のブラケット矯正より、同時に多くの歯を動かせる
・症例により、治療期間の短縮が見込める
・外科手術が必要
・歯根が短くなったり、土台(歯槽骨)からはずれたりするリスクがある

保険が適用される外科矯正(顎変形症治療)

手術を伴う矯正治療
保険外手術 特徴

・手術後に矯正治療を行う
・保険が適用される
・関連する慢性疾患が改善させることが多い
・顔立ちがよくなる
・治療期間は長期にわたる

※尚、当院は、健康保険適応の矯正治療を行える施設として、厚生労働省より「指定自立支援医療機関」の認定を受けています。症状が疑われる方は、ぜひ一度ご相談ください。

装着していても目立ちません

左右非対称となっていました

手術併用で治療しました

手術併用で治療しました